クレジットカードとは

クレジットカードは、商品を購入する時に使用する契約の情報が記録されたカードで、現金に代わる商品支払方法の一つとして利用されます。
クレジットカードは、利用代金を後払いにする支払方法のため、入手するには審査を受ける必要があります。


審査内容はクレジット会社によっても若干の違いがありますが、基本的に「勤続状態」「年収」「年齢」などの項目が審査の対象になります。
勤続年数は重要で、一般的には一年以上の勤務があれば大丈夫ですが、勤務先が自営業や会社の経営者の場合には三年以上の基準を求められる事もあります。
このような申し込み内容以上に重要視されているのが過去の支払履歴や借り入れの状況です。
クレジット会社は、申込人の情報を個人信用情報センターという機関に照会し、過去に金融機関とどのような取引があり、支払いをしていたかなどの情報を得る事ができます。


過去に他のクレジット会社などで延滞を繰り返していた事や、消費者金融からの借り入れなども知る事ができるようになっています。
また、新規でクレジットカードを作りたい場合、あまりにいくつものクレジットカード会社に申し込みをすると、各会社が個人信用情報センターに照会をかけ、その履歴が6か月は残ります。
そのためクレジットカードをたくさん作り借金のための借金のような自転車操業に陥っている可能性を探られ、審査が通らない事もありますから注意が必要です。


クレジットカードは、あくまで後払い方法のため信用が重要であり、それをクレジット会社と結んでの支払方法の一つだという事をおぼえておく事が大切です。

Copyright © 2014 クレジットカードを作る All Rights Reserved.